読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Certain smile,A certain sadness

洋服作ったりお酒飲んだり音楽聴いたりお笑い見たりラジオ聴いたり

ノンスタイル井上の恋愛論

大谷「ビートたけしさんの功罪もあると思う。

   俺はそれは最近凄い思ってるんだけど

   ”シャイの押し付け”っと思ってる。分かる?」

マキタ「分ります」

大谷「要するに”人見知りっすから俺”とか”シャイですから”って事で逃げるって事が

   出来る人が芸人でもスゲェ多いでしょ?」

マキタ「うん」

大谷「でもこないだノンスタイル井上の恋愛論、ゲストに呼んでね、

   絶対にテレビみたいな落とし方しないから(って言って)、

   アイツ本当に普通にモテるのよ、

   本当にモテるからコツを教えてくれって聞いたの。

   面白くてさぁ、あの男さぁ」

マキタ「へぇ」

大谷「面白いの、理屈。手短に話していい?

   なんか恋の三角大作戦みたいのがあるのよ。

   例えば好きな人と食事に行く約束を取り付けました、

   そしたら急にA子ちゃんが”友達連れてきていい?”って言うの。

   で俺たちボンクラ組は多分その瞬間へこむのよ、

   へこんだ事を彼女に伝えてしまうタイプでしょ?これ一番駄目。

   で次に駄目なのが”こっちも友達連れて来るわ”って言う奴なんだって」

マキタ「あーーー」

大谷「そうするとコンパ感になるから。一番正しいのは三角で行くんだって。 

   で着いたらまずB子ちゃんを口説くんだって、

   B子ちゃんに一生懸命サービスするんだって、

   物凄いB子ちゃんに向けて笑わすんだって、

   そしたらA子ちゃんちょっとだけ嫉妬するよね、

   でA子ちゃんトイレに行く訳、

   そしたらB子ちゃんに

   ”ごめんね、俺こんな風に喋ってるけどA子ちゃんの事好きなんだ”って

   言うんだって。

   そしたら自分がトイレに行った時絶対女子は恋バナするから

   A子ちゃんB子ちゃんが盛り上がるんだって。

   でB子ちゃんが”好きらしいよ”みたいなのを

  (A子ちゃんに)肯定的に言ってくれるんだって。

   そうすると女の子は絶対に意識し始めるんだって。

   この話を聞いた時にダメな奴は”戦略だな”って言う奴が居るけど、

   これ戦略じゃなくて誰も傷ついてないのよ、

   つまりサービスをしっかりやるという真っ当な事なのよ。

   でもう一つは恋愛論の中で俺凄いなと思ったのは、

   井上は絶対ネイルとか褒めるんだって、

   ”ネイル凄いね””髪切った?凄いね”って、

   ボンクラはそういう事言った時裏で

   ”なんかマキタがさ、そういう事言って気持ち悪いんだよ、寄って来てさ”

   とかって言う事を妄想する訳、俺達ってそっち側なタイプ、

   井上もそうやって褒めてたら裏で女子が”井上が褒めてきてなんかキモイよ”

   って言われてるかも知れないよ?って言ったら

   井上は”あ、でもそれは僕が傷付けばいいだけなんで”って」

マキタ「なにそれ男前」

大谷「絶対そう言いながら女子は半分は嬉しい気持ちで言ってるからって。

   これだからサービスだよね。

   俺だからそうなった時自分を入れないってやり方、

   そこに人見知りって言葉が無いのよ、

   人見知りって結局自分を守るための言葉じゃん、

   それね俺の中のシャープ熱ではトレンドじゃないんですよ」