読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Certain smile,A certain sadness

洋服作ったりお酒飲んだり音楽聴いたりお笑い見たりラジオ聴いたり

バナナマンの見たグランドフィナーレの裏側

スピーチで笑いをかっさらったバナナマンの見た

笑っていいとも!グランドフィナーレの裏側

バナナマンバナナムーンGOLD 2014年04月05日

設楽「今週の月曜日ですよね、笑っていいとも!

通常回も月曜日までで終了ですけど夜にね、グランドフィナーレ、

最後の最後特番で本当にこれで終わりって言うね、

まぁでも一週間経つからラジオとか色んな所で話してるみたいですけど」

日村「まぁあそこにいた人達、見てた人達なんかもね、

自分の番組で喋った方も多いとは思いますけど、凄かったね」

設楽「まぁ凄かったよ、恐ろしかったよ」

日村「震えたね」

設楽「震えたね。ホントだよ、心が震えましたよ

日村「震えたねー」

設楽「いやだから何がって、こう皆が知ってる通りですけど歴代のいいとも!の

レギュラー陣というか、もう客席にもいて、現レギュラーも居て、

そこにさんまさん」

日村「さんまさんがまず出て来て」

設楽「そこから段々テレフォンで繋いでいく感じで、

ダウンタウンさんとかウンナンさんとかそれでナイナイさんとか

とんねるずさんとか爆笑さんとか出て来て、って筈だったんですよね

日村「恐らく個人個人で出てくる予定だったんだろうね、あれはね

 

設楽「それでさんまさんの時間が大幅に押して、でもね、俺等も細かい尺とか」

日村「知らない知らない」

設楽「この後こうだとか、指示が出てとか、全く、会場に、

あんなに近くに居たけど分からなかったんだよね」

日村「ハッキリ言って知らない、どういう展開なのかは」

設楽「何時位まで、誰がどの位やるのかは知らされてない」

日村「何となくさんまさん出るんだなとか、ダウンタウンさん出るんだなとか、

とんねるずさん出るんだな、それは知ってるけれども」

設楽「勿論知ってるけれども」

日村「どんな風な展開になるかは我々も知らない、そういう状況でね

設楽「さんまさんは確かに”長いなあー”って思ってたら、

そこでダウンタウンさんとウンナンさんが入って来て

”長いわ!”ってくだりになって」

日村「わ、スゲーなと!」

設楽「まぁそこまでは、まあね、あれですけど」

日村「まぁでもこの面子も中々見れないよ」

設楽「一緒に見るなんてのはね」
日村「同じフレームの中にこの3組が居る、まぁタモリさんも含めて

4組居るってのもまずあり得ない

設楽「そうだね。それで、そしたらとんねるずさんがダーッて入って来た訳

日村「そうですよ。本来順番が違ったらしいですからね、

とんねるずさんの番じゃなかった

設楽「”長いわ!”つって、ここからですよ、爆笑さんも入って来て、

ナイナイさんも入って来て。要は画面上、

というかステージ上にタモリさんとさんまさんととんねるずさんと

ウンタウンさんウンナンさん爆笑さんナイナイさんがザッと並ぶ

日村「全部揃っちゃった感じ、ね?」

設楽「駄目なんだよ、これ

オークラ「アッハッハッハッハ」

日村「これやっちゃ駄目なんだよ!」

設楽「って聞いてたよ

日村「我々も何回か聞いてたし、聞いてる事も何となく言わないし

何故か暗黙の了解でこの面子はそろわない

設楽「今の、どうなんだろう?この、今の若い人達って別にさ、

それが何でかなんて知らないだろうし、

俺等もぶっちゃけ言うとそこまで真相は知らなけど。

芸能界、特に俺等が居るお笑いの世界では、たとえ同じ局、

同じ番組だとしても会わせない様にしてるだとか、

この人とこの人は一緒には出しちゃいけないとか

何となくそういうのがあるんですよ

日村「廊下とかでも、何となくすれ違わない様に上手い事配慮するとか

設楽「全部それを局のスタッフがね、やるとか」

日村「だから収録日が重なることがあるんだろうけど、ほぼ重ならないから、

まぁ会わないんだろうね、この面子ってのは」

設楽「そうね、だから、まぁ、駄目なんだよ、出ちゃ、一緒に

オークラ「アッハッハッハ」

日村「とんねるずさんが出て来た時には

”あーーー!やっちゃった!起こっちゃった!”だよね

設楽「もうね、あの瞬間にね、ダッと出て来て、あのー客席に、

さっきも言ったように歴代のレギュラーの人とか、

現レギュラーの人も居るけど、お笑い芸人もいっぱい居たんだけど、

もう自然に立っちゃったよね」

日村「いつもの”ちょっと待ってくださいよ!”の立ち方じゃないんだよね」

設楽「もう興奮して、こう、”うわぁー”って立っちゃって、

”ヤバいヤバい”みたいな”なにこれ?”みたいな

日村「大事件!別にどっちが、例えばとんねるずさんがダウンタウンさん苦手とか

ウンタウンさんがとんねるずさん苦手とか聞いたことないし、

ご本人からそんなことは。でも何となく噂みたいな感じでね、会わないんだ、

この二組はっていうね。”ヤベえ、揃っちゃったよ”っていうね、

ウンナンさんも居るし、そこには。さんまさんも居るし

設楽「爆笑さんとダウンタウンさんも居るしね

日村「ここなんか絶対に無いって思ってたからね

オークラ「アッハッハッハ」

設楽「でもこれがタモリさんって言うさ、タモリさんの人柄だったり

いいとも!の最後って言う事での現実した絵なんだろうね」

日村「まぁ全員わらっていいとも!のレギュラーとして関わって

   タモリさんの為に”行こう”って言うのが、この事が起こるって言うね」

設楽「興奮したね、何って事じゃないし、別に、だから、

”何?それがどうしたの?”っていう人が居るかもしれないけど、

俺等からしてみるとそういう中でずっとやって来たっていうか、

知ってるし、だから興奮が冷めやらぬっていうか、昔のなんか、

中学生高校生の時に”ヤベえ、昨日のあれ見た?”みたいな、あの感覚?」

日村「『なるほど!ザ春の祭典』とか」

設楽「その時もあったね」

日村「ああいう時には、あの人とこの人、皆居るよ!っていう、

それこそとんねるずさんとダウンタウンさんはそこ以来会ってないって、

番組ではね、言ってましたけど」

設楽「いや、いいとも!のグランドフィナーレの次の日、その日からかな?

テレビ局の中での話は専ら”見た?昨日の、見た?”、

出会い頭そればっかりですよ」

日村「ね!」

設楽「”凄くない?”つって」

日村「”あそこに居たかった”っていうね」

設楽「うん」

日村「我々ラッキーですよ、居れて」

設楽「それでまぁまぁ、あの時もワーってなっちゃって、

で皆出て来たはいいけどさ、皆が皆出て来たら、今度は逆にさ、

”どうすんの、この状況?”みたいになってね」

日村「そうそう。それぞれがやり合い、みたいな感じになったからね、

各グループが」

設楽「それで”わー”なんて見ててさ、時間経ってCM行くタイミングの時とかにさ、

タカさんとかノリさんとか俺等側に居たんだけどさ、立ち位置的に」

日村「最前列って言うか、端っこの方に居たんだよね」

設楽「テレビを正面に見たら右手側の方に居たの、我々。

それでタカさんと目があってさ

日村「CM中?」

設楽「そうそう。”来いよ!”って手招きするわけ

日村「そう、”上がって来ちゃえよ!”って

設楽「腰の下ら辺で”お前ら来いよ!”って

日村「いやいやいやいやいやいや!」

設楽「”行けないっす”」

日村「”ハッキリ言って関係ないでしょ”って思うだろうね」

設楽「”行けないっすよ”って」

日村「行ける訳がないよね!」

設楽「なんかね」

日村「あの辺がとんねるずさんの凄い所というかね」

設楽「お祭りの感じにしちゃう所

日村「”やっちゃおうぜ!!”って感じのね、凄いよね」

設楽「うーん、でもダウンタウンさんもさ、

CM中タカさんとさ松本さんがちょっとなんか

挨拶というか喋ったりしてなかった?」

日村「何かしてた。何話してるんだろうね、ああいうのね」

設楽「割とだから、”何?どうなっちゃうの?”みたいなさ感じで。

そしたらノリさんがさ、ノリさんはああいう時はもう」

日村「色んな人を(舞台に)上げて」

設楽「サンコンさん上げたりとか」

日村「橋田先生上げたり」

設楽「おすぴーさん上げたり、その後柳沢慎吾さんに”ウー”とか、

あれとかノリさんがやらせて」

日村「無理やり引っ張って行って”やっちゃえ!やっちゃえ!”って言って」

設楽「でもさぁ、その時にね、ノリさんフラフラしてたんだけどさぁ、

俺の横に来た時があって椅子のベンチみたいな所で、

”あーちっとこれ時間があれだから、慎吾ちゃん行って貰って、

次はタカトシがネタ出来るな”ってそんな事言って

日村「あり得ないでしょ、それって、あの状況下でネタやるなんて

設楽「そうそう。それで”その後バナナね”とか言って来て、

”いやいやいや、勘弁してください”って。だって柳沢慎吾さんとかも、

連れ出される時に、”ウーやって!”ってノリさん言ってた時に

俺の目の前だったんだけど、スゲェ”ホント勘弁してホント勘弁して!

やだやだやだやだ!”って

日村「あの柳沢慎吾さんがよ!ガンガン出てくるあの人がビビる位だから

設楽「”もうやだやだやだ”って言ってたんだけど、無理やらされて

設楽「恐ろしい」

日村「もうこの先ないですよ、もう二度と無い時間でしたよ」

設楽「あの人達がね、相まみえるって言うのは無いだろうね」

日村「ホントに震えましたよ」

設楽「それでその後に挨拶やつがね」

日村「現レギュラーがね」

設楽「タモリさんを送るねって言う形で、あれも全員がした訳じゃないんだよ、

実はねレギュラー歴が長い人が、持ち時間も長くっていうので決まってて。

で俺等は二人でこの位って形が決まってて、

でその後のタカトシとかはもっと年数長いし、一人づつっていうのは決まってて、

そこまで大したあれじゃ無いんだけどね、なんかあれ、

挨拶で他の色んな所で、俺等が流れをどうこうって言われたりしてるんですよ」

リスナーからのメールで

バナナマンのスピーチがカッコ良すぎる!震えました!」

設楽「これも何かね、どうしようかって言ってたんだよね」

日村「ずーっと言ってた」

設楽「いや、こんな、あんな場所で挨拶自体も緊張するし、嫌だし、それで、

要は会場にも芸能人がうじゃうじゃ居るんだよね」

日村「一般の方も居るんだけど、芸能人の方が大半で」

設楽「しかもお笑いの先輩とかもいるんだよ、

ヒロミさんだとか過去レギュラーだった人とか」

日村「鶴太郎さん居ます、リーダー居ます」

設楽「そういう人もバーッて見てるから、普通の挨拶、しかも最後の所で、

でも皆やるからってなって」

日村「だからどうしていいか分からない」

設楽「ぶっちゃけどうしようか?なんて言ってて、んで、

基本は二人一緒に行くから、あのー、まぁまぁ、そんな長い時間じゃないし」

日村「”一分位でやって下さい”みたいなね」

設楽「俺等の時間的にはね、で、

一応置きに行くか攻めるかどっちかのパターンですよね。

まぁでもビビって置きに行くかってノリもあったんだけど

日村「そこはへんに茶化すのも、って言うのがあるから」

設楽「ここでスベッたりとか、そこで変な感じにしたら

もう取り返し付かないじゃん?もう次の特番でとかじゃないから

日村「32年ラストだし」

設楽「そしたら俺等結構前半の方だから、様子見てってのも出来ないし」

日村「さっしーがトップ、ベッキーが2番、それで俺等。3番目なのよ」

設楽「それで、さっき言ったレジェンド達の競演ですよ、

あの時は皆高ぶってたよね、何か知らないけど高揚してて

日村「芸人もそれ以外も”うわーー”ってなってた」

設楽「それで、じゃあ最終的なあれで、”どうするか?”つって

あそこ座ってる時ですよ丁度本番中に、 ”どうしようか?”って言って、

”じゃああの挨拶の形で行こう”って。俺等もじゃあ

日村「やっちゃおう!みたいな

設楽「”やっちゃおう!”って言って、やったけど、

そこまで流れがどうこうとか全然無くてやったんだよね。

だからあれも怖かったよね?」

日村「怖かったねーー、怖かったなーーーー

設楽「あれもウケるかどうか、いやだからあれで、

俺も思いっ切り叩いたもんね、スッゲェ叩いた

日村「”頼む!頼む!ツッコんでくれ!”って

設楽「で、そんなに事細かくは決めてないから」

日村「立ち位置とかも決めてないし」

設楽「なんかさぁ、立ち位置も本当は俺横でやりたかったのに」

日村「そうだったんだね」

設楽「最初横でやりたかったよね」

日村「そういう時、いつも横立つからね」

設楽「そうしたら、マイクが立ってる位置がかなりギリギリなの。

二人並べないんだよね」

日村「俺が立っちゃうと、設楽さんが、落ちはしないけど、ギリなんだよ、

多分あれ、舞台から落ちそうになるの」

設楽「本当に端っこに立ってたから(並びが)縦になっちゃって。

まぁそれが逆に、後ろに控えてる感じでやり易かったけどね」

日村「だから最初設楽さんが喋って俺が後ろに立ってて、入れ替わって、

俺がマイクの方に立って設楽さんが後ろに立つと、

だから殴る時は俺の側頭部あたりをパーンと行くっていうね」

設楽「スゲェ思いっ切り叩いちゃったけどね。でもまぁまぁ、

まぁまぁ結果良かったと思うけどね」

日村「郷ひろみさんのね、”リーでした”っていうね、

あのモノマネをやったんですよ。”関係ねぇだろ!”って要はね

リスナーからのメール

爆笑問題おぎやはぎバナナマンのスピーチで

                    笑いを持って行った事を絶賛してた」

設楽「いやだから、今言った通りだけど、何だろうなぁ、

なんか変な空間ではあったよね」

日村「そうだねぇ」

設楽「現実にこれが起きてるのか?みたいな感覚だったね、

その、バーッてレジェンド達が出て来た時は」

日村「あそこはねぇ」

設楽「”あれ?何?何?何?”みたいな」

日村「そうそうそうそうそう」

設楽「凄かったよ、だから。お笑いの人なんか、

途中から写真とか撮り出しちゃってたよね、放送中なのに

日村「もう、お客さんもお客さんよ。

学生時代に戻ったような感覚なんじゃないかな、

レビで見てたあの時のってさ、興奮

設楽「ホントにさ、そうだよね」

日村「凄いね。タモリさんの為にあれが実現したっていうさ」

設楽「俺あの時にね、思ったんだけど、

改めてタモリさんってスゲェなって思ったのあの状況で、

基本何もしないんだよね

日村「何もしないって言っちゃあれだけど」

設楽「『何もしないって』言い方が、これが駄目なあれじゃ無いよ。

凄いって思ったのが、”え?どうするの?”とか”俺の番組だぞ”とか言ってるけど

日村「一回言ったけどね」

設楽「例えばもっとさ、あそこがバーッて集まって来ちゃったらさ、

例えば最後に”これ収集付かないから一人づつ思い出言えば”とか

別に言えるじゃん、言おうと思えば。

だけど、要は、そこの状態が、空気が凄くなっちゃてるから、

なにやるよりも、あれを見せてるのが一番な訳じゃん、で、

だからタモリさんはそこで何もしない、と言うか、

”あー止めろ!こうじゃない!こうで、こうで、こう!”って出来る訳じゃん、

ろうと思えば

設楽「でもやらないんだよね

日村「やらないんだよね」

設楽「俺それスゲェなぁって思ってさ」

日村「一番年齢上だし、自分からしたら全員年下の奴らが

ワーって暴れてるのなんて、”うるせえな!バカ!”って言ったっていいのに、

一回も言わない、そう」

設楽「凄いよね」

日村「場所を開けちゃう感じ、どうぞどうぞって言って」

設楽「だから西も東も関係なく、タモリさんの番組だと

ああいう風になるって事だろうね

日村「そうだろうね。何か変なモノが無いっていうね、元々無いんだろうけど、

他の人達にも、何となく周りの人が作っちゃたモノが、タモリさんが居るとね、

ああいう風になるんだね」

 

設楽「あの時の、もう、単純にビビっちゃうよね、ぶっちゃけ

日村「もう、ブルブルですよ、こっちは。

俺多分おちんちん無くなっちゃったと思うよ、あの時

オークラ「アッハッハッハッハ」

設楽「縮こまって」

日村「縮こまりの、さらに埋まってた

設楽「でも俺は日村さん凄いと思ったよ

日村「とんでもないよ、止めてください」

設楽「そうだね、止めようか」

日村「止めないでー。ちょっとあれだけど、

俺は”あんだけツッコんで貰って有難うございます”の方がデカいですよ

設楽「俺はだから、ある種、

あのーちゃんとした自分の思う気持ちを入れながらも村さんへのフリ

っていう部分も有るから。でも実際笑かしにいくやつやるのはホント

嫌じゃん、嫌って言うか、あの場面で、”お前なんだ?”ってなる可能性もあるのに、

一言いった瞬間に、もう、本当に(ウケが)来たから、逆に言うと、日村さんもも

う、こういう人の所になってるんだって思った

日村「いーやー、そう?嬉しいけどね、そんな事言われると」

設楽「”スゲェ、こういう場所で、こうやって良いんだ、この人は”って

言う風に見てたよ

日村「ホント?」

設楽「だから日村さんスゲェなって思ったよね

日村「だから分からないけどさ、見てくれてるOBの方達というか、過去の先輩達、

レギュラーのね方達とかも、まずはタモリさんお疲れさま!って

気持ちがあるからさ、俺が何かやるのも、何て言うのかな、

暖かく見て貰ってるんじゃないのかね?」

設楽「いや、あの場面で、あーでも、”お前変な、空気読めよ”っていう、

もし失敗したら思うじゃん?皆、それは。だけど良い感じで良かった、結果

日村「良かったねー

設楽「本当にギリだよ、あんなの分かんないもんね、やってみないと

日村「ギリだと思う、俺も。

で俺もそんなに頭を叩かれるタイプのプレイスタイルじゃ無いじゃない?

バナナマンて別にさ、バンバンバンバンツッコんでくるタイプじゃないから。

久々に、たまにあるけど、あんだけフルMAXで頭を叩かれることもないし、

本番中やっぱり高揚してるから、最後もウキウキWATCHING歌って、

”終わったー”って、その後打ち上げ行ったでしょ?皆で、

パーティーみたいな、ホテルで、大打ち上げ、

(そこで)徐々に頭痛くなって来て、なんか」

設楽「やっぱり強めに行っちゃったからかな」

日村「うーん、でもよかったですね」