読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Certain smile,A certain sadness

洋服作ったりお酒飲んだり音楽聴いたりお笑い見たりラジオ聴いたり

その瞬間、30時間テレビが止まりました

27時間テレビ(この年は30時間)をテレビの前でドキドキしながら

まるでスポーツ観戦で贔屓のチームを応援するような気持ちで

『頑張れ!ナインティナイン』と

バラエティ番組を見始める様になったのはこの頃でした。

翌週のオールナイトニッポンで裏側を聴いて

リスナーの27時間テレビが終わるというのがスタイルに

ナインティナインのANN 1996年07月25日

岡村「世間はオリンピックで盛り上がってるんですけども、ウチもですねぇ、夢リンピックで盛り上がろうじゃないかと

 

矢部「そうそうそうそう」

 

岡村「予定を大幅に変更しましてですね、『夢リンピック大反省会SP』と題しまして、えー何から話しましようかと?

 

矢部「(笑)何からしょうかな?」

 

岡村「山ほど話す事あるんですけども」

 

矢部「普通のお便りの量が最高記録(笑)」

 

岡村「はい(笑)」

 

矢部「今までで一番多い」

 

岡村「えー予定通り、ナインティナイン

 

矢部「やりました

 

岡村「やりました。特に岡村隆史、やってしまいました!

 

矢部「やってしまいました(笑)」

 

岡村「うふふ、やってしまいました(笑)」

 

矢部「ここで一枚ハガキ読んどきます。『思った通り』

 

岡村「どうもありがとうございます」

 

矢部「この一言だけなんです」

 

岡村「ありがとうございます。ホントにですね」

 

矢部「だから僕ら言うたでしょ?

 

岡村「言うたでしょ?

 

矢部「へっへっへ。やる前にちゃんと言うたでしょ?

 

岡村「『スベってくるぜ!』って言うたでしょ?

 

矢部「だから嘘はついてない

 

岡村「嘘はついてへん、ウケたらあかんねんもん、だって

 

矢部「はっはっはっはっはっは」

 

岡村「リスナーに悪い!

 

矢部「はっはっはっは」

 

岡村「ふふふふふふふふ」

 

矢部「ウケなマズいんですけどね

 

岡村「いやーでも凄かったなぁ」

 

矢部「あれはもう空気がなぁ」

 

岡村「『もう何かやだよ!』東京弁で言わせて貰うけど」

 

矢部「どんよりしてるからな」

 

岡村「どんよりしてた。あんなーあのー確かにね、あのー問題のシーンと言いますか、衝撃的シーン

 

矢部「あっはっはっはっはっはっは」

 

岡村「ありました(笑)

 

矢部「あのね、衝撃的シーンは、1シーン

 

岡村「ありましたね」

 

矢部「ありました」

 

岡村「1億2500万人がマジで度肝抜かれた瞬間

 

矢部「止まった

 

岡村「止まったんですね(笑)あのー30時間テレビが止まった瞬間っていうのがありましたですね

 

矢部「はい」

 

岡村「まぁそれはおいおい話しますけど」

 

矢部「後でしていきましょう」

 

岡村「えー今日の放送聴いて頂ければ、『なぜ岡村はああいう発言をしたのか?』

 

矢部「それは俺も知らんからな」

 

岡村「番組のカラクリと言いますか、えーそういうのも全部」

 

矢部「あれなーマズい事に俺がフッてる訳よ

 

岡村「そうや!

 

矢部「へっへっへっへっへ。ナインティナインでアイタタタタや!(笑)

 

岡村「アイタタタタ。いや、あのね、これは本当に矢部さんに謝っとかないといけません。お宅に何にも責任ありません

 

矢部「あっはっはっはっはっは」

 

岡村「私の責任ですから(笑)

 

矢部「(笑)せやけど岡村ファンからしたら、『矢部!何やあのフリ!』っていうのが来てるから

 

岡村「そうっすか?

 

矢部「なんか俺が悪いみたいな

 

岡村「いや、それは悪く無い。俺はねぇ、あのー、一応お笑いとしてね」

 

矢部「あれはな」

 

岡村「あれはキツかった」

 

矢部「あれはなー、ホンマにあの現場止まったからな

 

岡村「止まった止まった!

 

矢部「女子アナのお喋りはそれまであったんやで」

 

岡村「ワイワイワイワイ、何人居てると思う?あのフジテレビ第6スタジオ。目茶目茶広いねん、フジテレビの中で一番広いスタジオや。物音一つせぇへん!

 

矢部「一瞬止まったなぁ、『何言いはったん?今』っていう

 

岡村「あのねぇ、何人?100人以上居ったよなぁ?あそこ」

 

矢部「居った居った」

 

岡村「あの6スタに100人以上の人々が居ててですよ、それまで三宅アナウンサーがブワーーーっと喋り倒してたのが、あの瞬間ピタっと」

 

矢部「なんでやろうなぁ?(笑)」

 

岡村「なんでやろうね?物音一つせぇへん」

 

矢部「だからすべての事が上手い事」

 

岡村「重なって」

 

矢部「『シーーーン』ってなったんやろうな」

 

岡村「魔の時間?」

 

矢部「うん」

 

岡村「まぁその辺の事はですね、後程ゆっくりお話させて頂きたいと思ってます」

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

矢部「アイタタタタタ」

 

岡村「『やっぱりやってしまいましたSP1憶2500万人のラジオ夢リンピック!』」

 

岡村「さぁやって参りました」

 

矢部「はい」

 

岡村「空回り空回りの連続の30時間テレビでしたけれども、えー何からお話しましょうか?」

 

矢部「やっぱり1憶2500万人止めた所を言うとかなあかんのちゃうかな?

 

岡村「そうですね。まぁ多分、このリスナー、オールナイトニッポンを聴いてるリスナーたちは分かってると思うんですけども、えー(笑)、フジテレビが揺れた瞬間というか、見て無い人達の為に言うときますと、あれはー深夜2部ですかね?

 

矢部「そうです。女子アナとスポーツするんですよね」

 

岡村「Wコージさんとやるんですけれども、そこの2時過ぎかな、3時前位ですか?えー矢部さんがですね

 

矢部「僕がだから、結構おいしかったんですよ

 

岡村「そうそうそう」

 

岡村「いいポジションで

 

矢部「『人気無い』って言うて

 

岡村「人気無いいうポジションで

 

矢部「でCMもね、僕のそのキツイ顔で終わって、開けて来るのも僕の顔で入って

 

岡村「そうそう」

 

矢部「なかなかこう、僕だけスポーツをやらせてくれない、ちょっとイジメられてるキャラで

 

岡村「それで僕等が

 

矢部「3人がね

 

岡村「『冷めてる』っていう、『どうでもええねん』ってポジション取ってる時に、矢部さんが良かれと思って

 

矢部「『ちょっと待て!』と

 

岡村「『ちょっと待て!』と、『盛り上がれよ!』と、『もっとワーーーとか無いの?』と矢部さんがフリました

 

矢部「『騒いでや!』って言うた

 

岡村「『ワーーーとか言うてぇな』と、一言いいました、ね、そこで何を思ったのか、岡村隆史『ワーーー』と

 

矢部「アイタタタタタ

 

岡村「一言(笑)叫びました

 

矢部「へっへっへっへっへっへっへっへ」

 

岡村「その瞬間です!あのー(笑)その瞬間、30時間テレビが止まりました

 

矢部「全部止まりました

 

岡村「全部止まりました(笑)フジテレビ止まりました

 

矢部「うん」

 

岡村「えー?」

 

矢部「スイッチャーも止まったでしょうね

 

岡村「止まったでしょうな」

 

矢部「どうしよう?」

 

岡村「『どうして行ったらええもんか』と

 

矢部「はっはっはっはっは」

 

岡村「まさかあんな大事になるとは、僕ねー、夢にも思ってなかったんですよ

 

矢部「軽々しく言うたんや?

 

岡村「軽々しくね、別に、『ワーーー言うて、言うたらええか』と。あんな大事になるとは全然思ってなくてですね、『ワーーー』言うた瞬間物音一つせず。普通何か言うじゃないですか?あのー例えば技術の音だとか。いくら静かとは言えね、スタジオですから、例えば照明のカチャカチャっていう音とか」

 

矢部「うん」

 

岡村「家でもシーンとなってても、時計のカチカチって音とか冷蔵庫のウーーーーンって音とか有るじゃないですか?」

 

矢部「うん」

 

岡村「ああいう音が一切無い!『ワーーー』言うた瞬間、もう何の(笑)、笑い声から喋り声から物音一つしないと言う状況

 

矢部「うん」

 

岡村「もうあの瞬間、僕は走り出すしかなかった

 

矢部「へっへっへっへ。あれはホンマ静かやったな!」

 

岡村「ホンマですよ。あんなもんね、NSC入りたての子でもしないボケですよ!

 

矢部「うん、せぇへんやろうな」

 

岡村「『ワーーーとか言うて』って言うて『ワーーー』言うなんてね、ビックリしますよ(笑)

 

矢部「俺でもその後すぐ喋ってんで、フォローして。気付いてへんやろ?

 

岡村「全然気付いてない。もうその時俺走り出してた

 

矢部「(笑)だから『ワーーー』言うて、『ヤバい!』思って、シーンとなったから、『どうすんねん?これ』って言うた

 

岡村「あ、そんなんもう」

 

矢部「そしたら、それも『シーーーン』やねん(笑)

 

岡村「どうする事も出来なかったと言う

 

矢部「あれはキツかったなぁ」

 

岡村「キツかったっすよぉ」

 

矢部「ほんで今田さんが『ヤバいぞ!』と」

 

岡村「『ヤバいぞ!』(笑)

 

矢部「『そんな事言うかぁ?』ってずっと言うてはったんや」

 

岡村「凄かった。ほんであれ終わった後楽屋でダメ出しされまくりや」

 

矢部「へっへっへっへっへ」

 

岡村「もう今田さんから東野さんから」

 

矢部「うん」

 

岡村「ビックリするわ」

 

矢部「色んな例えしてはったな(笑)」

 

岡村「色んなしてはったで」

 

矢部「あっはっはっはっは、楽屋で」

 

岡村「あはははは。もうホンマあの瞬間は堪らんかったなぁ」

 

矢部「『どうすんねん?矢部』言われたからなぁ(笑)、『オイ、相方どうすんねん?これ』(笑)

 

岡村「何がねぇおかしいかって、あの時の僕の声の質がおかしかった!

 

矢部「あっはっはっはっはっはっは、そうそう!声の質も一番悪かった!

 

岡村「俺の声じゃなかったらしいねん、『ワーーー』っていうのが」

 

矢部「それ言われてみたらそうやねん」

 

岡村「声のトーンも、『ヴァーーー』っていう

 

矢部「絡んでんねん、何か」

 

岡村「そう。なんか声のトーンも違うしね」

 

矢部「うん」

 

岡村「全て」

 

矢部「うん」

 

岡村「間髪入れずに『ワーーー』って言うやん?」

 

矢部「うん」

 

岡村「今田さんが言うにはね、『あんなもんな、”ワーとか言うて”って言うて”ワーーー”とか言うか?普通』」

 

矢部「それは合うてるな」

 

岡村「『普通やったらあの状況でやな、”えー?ワーとか言うん?ワーーー”って言うたらそこそこ笑いになったかも分からん。それをお前は”ワーとか言うて”って言うたら間も開けずに”ワーーー”って叫ぶねん?しかも声の質おかしい』」

 

矢部「あっはっはっはっはっは。それはスベるわと(笑)」

 

岡村「『そんなもん、ビックリするわ、お前!どういう事やねん』と。エライ言われ様や(笑)」

 

矢部「凄いな、それだから、その企画終わったらすぐ帰れるのに」

 

岡村「そう」

 

矢部「今田さん楽屋でずーっとそれ説教してたからなぁ(笑)」

 

岡村「大体どれ位かなぁ、次の出番始まるまでずーっと言われてた(笑)。行く人行く人に『お前”ワーーー”言うてたなぁ』(笑)」

 

矢部「へっへっへっへっへ」

 

岡村「ほいで朝方や、競馬の所かな?競馬中継の所で、さんまさんと初めて会ったのよ」

 

矢部「うん」

 

岡村「ほんだらさんまさんがすぐ僕の所に来て『お前ぇやったなぁ』

 

矢部「はっはっはっははっはっはっは。『やったなぁ』(笑)早い!見てた!」

 

岡村「お前ぇやったなぁ。あれなぁ矢部もビックリした思うでぇ?

 

矢部「はっはっはっは」

 

岡村「『あんなな、”ワーとか言うてくれ”って言うてな、それを”ワーーー”言うてな、情けない!お前

 

矢部「はっはっはっはっは」

 

岡村「『何であんな事すんねや?』

 

矢部「もうホンマに疲れた言い方やからな(笑)

 

岡村「めっちゃ疲れてはった。『まさかナイナイが』

 

矢部「『こんな後輩知らんわ』(笑)

 

岡村「『こんな後輩、俺色んな、あのーそこそこナイナイとは絡んでるけれども、あれはもうどうしようもない』

 

矢部「言うてはったなぁ」

 

岡村「『あんなことでは、どないもこないもならん』と

 

矢部「うん」

 

岡村「さんまさんもある意味サジ投げたみたいな

 

矢部「ちょっと投げてはったなぁ

 

岡村「みたいな感じでしたね、あの瞬間は」