読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Certain smile,A certain sadness

洋服作ったりお酒飲んだり音楽聴いたりお笑い見たりラジオ聴いたり

ミレニアムズがタイトになった件について

オードリーのオールナイトニッポン 2015年04月18日

 

若林「ミレニアムズって、1個疑問に思ってる事あんだけど、全国ネットだったのが関東で平日の深夜になったじゃないですか?」

 

春日「うん」

 

若林「でこれをさぁ、なんか『降格だ!』ってイジってくれる人居なくない?」

 

奥田「へっへっへっへっへ」

 

春日「あああ(笑)」

 

若林「何か腫物に触る感じになってるとしたら」

 

奥田「はははははははは」

 

若林「ちょっとなんか、それはそれで寂しくない?」

 

春日「そう言えばそうだねぇ」

 

若林「ミレニアムズメンバーさえも言っちゃいけないみたいな(笑)あんまり言うなみたいな(笑)尺も短くなったから明らかに縮小なんですよ(笑)それをなんか、付け焼刃すらイジって来ないから」

 

奥田「はっはっはっはっは」

 

春日「なるほど」

 

若林「腫物に触る感じになっちゃってんじゃん!それはそれで良くないよ!これは!皆で自虐しないと!ふっふっふっふっふ」

 

春日「うんうん」

 

若林「だって静か~に縮小して行ったらそれはマジだから」

 

春日「そうだねぇ」

 

若林「マジなんだけどぉ、はははははははは」

 

奥田「はっはっはっはっはっは」

 

若林「もっとさぁ『ミレニアムズも調子良くて!』って先輩に言われてさぁ『いやぁ時間落ちたわ!』みたいなやり取りがあってもいいじゃない」

 

春日「そうだね、そう言われてみるとそうだ」

 

若林「(笑)俺等だってそんなラジオやってない、誰だってそんなラジオやってないぞ(笑)」

 

春日「そうだね」

 

若林「ふと思ったんだよ、『あれ?気を遣われてる!?』と思って」

 

春日「確かにそうだねぇ」

 

若林「良くないよ!それ盛り上げて行かないと!物語作らないと!『また全国ネット戻るんだ!』つって」

 

春日「そうだねぇ」

 

若林「それで実際全国ネット戻って『皆で頑張った』っていうさ、物語じゃない」

 

春日「そうだ」

 

若林「やるべきことは」

 

春日「うん」

 

若林「その前にはまずやっぱ腫物にしてたら駄目よ!」

 

春日「1回『おい!』って言うのがないとね、こっちから。確かにそうだわ。だって当初の、始まった時のキャッチコピーと言うか売りがさ、『土曜のバラエティのゴールデンで同期のメンバーが集まる』っていうのだったもんね」

 

若林「(笑)そうそう」

 

春日「で泡だらけになってさ」

 

若林・奥田「はっはっはっはっはっはっはっはっはっは」

 

春日「大々的にドカーン!ってやったのにさ、なんか今『はい、月曜の深夜っす』みたいな」

 

若林「あっはっはっはっはっは、これは良くない」

 

春日「気持ち悪いね」

 

若林「これは完全に気持ち悪い(笑)」

 

春日「確かに!今気づいたわ!」

 

若林「現場も『いや、別に縮小じゃないっすよ』みたいな空気があんのよ。いや縮小なのよ!だからこっから皆で『いや~調子いいっすね、番組もねぇ』つって言って『良くないわい!』って言って『頑張るぞ!』って言って実際全国に戻るのが、これが物語で、これが燃えてくる訳じゃない!」

 

春日「そうだね。1回沈んでというか、凹まされて起き上がるっていうのがいいじゃない」

 

若林「だから『楽しくやって行きましょう!』みたいな、現場の、あれ駄目よ(笑)」

 

春日「『コノヤロー!』がないとね」

 

若林「『コノヤロー!』つって、『もう1回全国戻るぞ!』つって」

 

春日「だね」

 

若林「やんなきゃいけないのに」

 

春日「『どっか早い時間の枠空かねぇかコノヤロー!』っていう気持ちでやらないと駄目だね」

 

若林「ラジオのメールも無いですよ、そこイジってくるメールが!『見れ無くなって寂しいですぅ』みたいな方のメールばっかりだよ」

 

奥田「はっはっはっはっはっは」

 

春日「だからもっとハッパを掛けてくれるというかね、『何やってんだテメー!落ちてんじゃねぇコノヤロー!家の地域見れ無くなったじゃねぇかバカヤロー!』みたいな」

 

若林「『チキショー!やってやるよ!』って事じゃなきゃいけないのにね、付け焼刃すら(笑)、パブリックビューイング(オードリーのANNの本番前にスタッフと若林が一緒にミレニアムズの放送を見る)が無くなったから、時間帯変わったから」

 

春日「そうか!いつもやってたんだもんね!この時間の前に」

 

若林「だから奥田泰とかが『さぁミレニアムズ見ましょか!』とか言って『終わっとるわい!』っていうのが前室でやんなきゃいけないのに」

 

春日「『あれ?さんまさん?』『終わっとるわい!』だよね」

 

若林「あたかも、別に『うぃっす』みたいな(笑)触れずになんか『ケータリング如何ですか?』みたいな(笑)気付かせない(笑)」

 

春日「懸命にテレビの方に気を向けない様に『コッチにポテトチップありますよ、若林さん』(笑)いつも言わねぇのに(笑)駄目だね」

 

若林「これは駄目だね。リモコンの電池も抜いてたって言うからね(笑)」

 

春日「万が一手にした時に『あれ?付かないっすね!故障かな?』なんて(笑)」

 

若林「これは折角お笑いやってるんだからお笑いにしないと、これは」

 

春日「そうだね」

 

若林「全国に戻ってくるの待ってる人に申し訳ないよ!皆で静かにしてたら」

 

春日「そうなってくるとどう転んでもいいもんね。より深い時間になってもまたちょっと面白いしさ」

 

若林「そうそうそう」

 

春日「上がったら『おー!』ってなるし」

 

若林「縮小されて『企画もスッキリ見れて逆に良いんですよ』みたいな、いやいやそんなんじゃないのよ!縮小なんだから!もう1回戻るって物語を皆でやらないといけないよな!」

 

春日「そうね!見やすくなったかもわからんけども、うん(笑)。世間的に見たらね」

 

若林「なんかね、ふと思ったの。気遣いあってねぇか?皆で」

 

春日「なるほどね」