読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Certain smile,A certain sadness

洋服作ったりお酒飲んだり音楽聴いたりお笑い見たりラジオ聴いたり

ダウンタウンが語ったグランドフィナーレの裏側

笑っていいとも! ダウンタウン とんねるず ウッチャンナンチャン

HEY!HEY!HEY! 春SP 2014年04月07日

中居「昨日今日連チャンで」

 

浜田「昨日お疲れ様でした」

 

松本「終わった後、昨日打ち上げ有ったんでしょ?」

 

中居「そうです、3人打ち上げ有りました」

 

松本「朝までやってたんでしょ?だってもう顔が死んでるやん!アイドルの顔やあれへん!大丈夫?そんな気持ちで人の番組来られてもな!じゃあ寝てるの吾郎ちゃんだけや!」

 

稲垣「夜ちょっと夜桜を見に行ったので」

 

中居「嘘?昨日最後まで見ないで夜桜見に行ったの?」

 

浜田「マジで?」

 

松本「じゃあタモさんのスピーチ(見ないで?)」

 

浜田「え?え?え?え?え?嘘やろ?」

 

稲垣「見ました見ました!」

 

中居「見てないね!」

 

松本「見て無いやんか!」

 

浜田「嘘やん!嘘やん!」

 

稲垣「見て、何か凄く感激しちゃって、どっかにこの気持ちをぶつけたかったんですけど、ぶつける人が居ないから外散歩しに行って、そしたら夜桜が綺麗だった」

 

浜田「ホンマかいなー」

 

松本「何か中途半端な話」

 

 

香取「凄かったですよ!僕一番前の列だったんですよ、座ってたのが最前列で夢の共演を見れて。もう登場してくる方々が凄すぎて、”うわ!”、”うえ!”っていう驚きの顔のレパートリー無くなっちゃった」

 

松本「俺は本番前に”多分さんまさん長くなるから、どうしよう?”って俺は言うたんですよ。ウッチャンナンチャンにも、”これ長なるで!”って、浜田にも言うたんですよ。結構皆、”何とでもなるんじゃないんですか?”みたいな、浜田も、”まぁ別に”みたいな

 

中居「それ4人だけだったんですか?」

 

浜田「そう、4人だけ

 

中居「それ誰が仕切ってたんですか?」

 

浜田「これ!(と言って松本を指さす)。俺の楽屋に入って来んねんもん!3人で、”え、何何~?”言うて

 

木村「俺それビックリしたんです」

 

浜田「そうやろ?挨拶来てくれて」

 

木村「本番前に”今日お願いします”って言いに行ったら、ウッチャンナンチャンダウンタウンが、何でここに4人居るんだろうって

 

ダウンタウン「アッハッハッハ」

 

松本「俺は、”何とかせなアカン!どうする?”って言うて

 

中居「時間も伸びるだろうし」

 

松本「初めて浜田の楽屋なんか入った。凄かったな、お前の化粧、世界の化粧水がいっぱいあって」

 

木村「だから一人だけ、内村さん、南原さん、浜ちゃんは和室の畳の上に座ってんだけど、何でか知らないけど松本さんだけ靴を脱がず

 

浜田「玄関でな!」

 

木村「そう、玄関から身を入れて、”ほうほうほう、ほうほうほう”って

 

松本「オカマのセールスやがな」

 

中居「出方はどうだったんですか?何か考えてたんですか?」

 

松本「それでぇ、この際、さんまさんいつまでも帰らへんから、”浜田出て行って、お前の、何?、粗暴キャラがあるから、お前のその粗暴キャラで”」

 

中居「何?何?粗暴キャラって」

 

松本「ずっとわんぱくで売って来たやんか。その粗暴キャラで、”ガムテープか何か持って行って、さんまさんをガーッてやってやったらええんちゃうか”って

 

中居「話し合ったんだ、それ」

 

松本「違う、俺が言ったの、言ったの

 

浜田「昔やられたからね、ガムテープで。舞台に張付けられたりしてたから。(松本が)”仕返ししてやったらええんちゃうか?”ってね

 

松本「そしたら”それはーそんなん出来へん出来へん。恐い恐い恐い恐い”って

 

中居「そんなに恐いんですか?」

 

松本「それは恐いねんて。やっぱりさんまさんは恐いねんて

 

浜田「そりゃ恐いよー

 

松本「一回27時間テレビの時のトラウマがあんねんな。頭バーンやったら

 

浜田「頭バーンやったら、”俺先輩やぞ!”ってバーンて返してきたんやけど、目だけ笑ってないねん

 

松本「恐い時あんねん

 

浜田「なぁー。恐い時あんねんて!自分ら怖い思うた事無いやろ?」

 

松本「ホンマに怖い時ね、歯が二枚歯になる

 

浜田「やかましい!」

 

松本「ほいで、コイツが”それは出来へん出来へん”言うねん、”あーそうか、怖いんや”って、で袖でタモリさんとさんまさんのトークを見てて、”どうする?どうする?もう行こうか?もう出なしゃあないやろ!時間も時間やし!”って言うてパッて見たらコイツガムテープ持ってやがった!”持ってんねや!”と思うて、”コイツやんねや!”と思うて

 

中居「でもド頭バーッて行きましたもんね、あの空気の中

 

浜田「はいはいはい。いやーちょっとあれは出難かったけれども、取敢えず

 

中居「空気分からないですもんね」

 

浜田「そう!潰さなしゃあないと思って、あの空気を

 

中居「でもわんぱく感出てましたよ!」

 

浜田「ハッハッハッハッハ」

 

松本「出てた。わんぱくのCM来るんじゃない?」

 

浜田「来ぇへんわ」

 

松本「ミキハウスとか来るんじゃない?」

 

浜田「ミキハウスわんぱくちゃうやろ!子供やけど」

 

中居「じゃあとんねるずが来るのは知らなかったんですか

 

浜田「全然

 

松本「滅茶苦茶やんか、あんなの。メチャメチャや

 

中居「あんなのどんな感じだったんですか?楽屋ですれ違ったりだとか

 

浜田「ないない

 

中居「してないんだ!挨拶して、今日お願いしますも無く

 

松本「ホントそうよ

 

中居「あんなのあるんですね」

 

松本「パッて来た時、”うわっ!とんねるずや!”と思うたからね、”デカッ!思ってたよりデカッ!”って思った

 

浜田「アハハハハハハハ。確かにな。」

 

中居「あれでも殆ど絡んで無いみたいなもんですもんね。どんな感じなんですか?」

 

浜田「何で仲悪いと思われてるのが分からへん

 

松本「そうそうそうそう

 

浜田「絡んだ事無いのに、仲悪いも何もないやん!」

 

中居「絡んで無い人と会う、どんな感じなんですか?僕なんて分からないですもん」

 

松本「皆と絡んでるもんな」

 

中居「うん、まぁまぁ僕等は皆そうでしょうね。どんな感じなんですか?」

 

浜田「だから今松本が言うたみたいに”とんねるずや!”っていう、”あ、とんねるず出て来た!”っていう

 

中居「でもそんな場合じゃないじゃないですか、時間はどんどん過ぎていく訳じゃないですか」

 

浜田「そうそうそうそう」

 

松本「それはドキドキですよね。”とんねるずや!”って思ったし、”さんま居れへん!”と思ったし。さんま居れへんねんもん、途中から!」

 

浜田「”さん”付けろ」

 

松本「さんまさん居れへんねんもん、」

 

香取「一番前で見てて、CM入った時、石橋さんと松本さんが話してたんですよ。あの時何話してたんですか?」

 

木村「筋トレの話?」

 

松本「違う違うw」

 

香取「一番後ろですけど、ちょっとボソボソっと。”うわぁ!話してる!”と思って」

 

中居「見た」

 

松本「何の話したかなぁ、”食べ物何が好き?”みたいな」

 

浜田「嘘付け!」

 

松本「いや、ホンマ、あんまり覚えてないねん、滅茶苦茶やったから」

 

中居「皆滅茶苦茶、誰を意識すればいいのか分からない」

 

木村「血の繋がってないウルトラ兄弟みたいですもんね、ぶわーって出てくる感じが」

 

中居「タモさんを意識しないといけないですけどね」

 

松本「そう」

 

浜田「そうそうそう。だから中居出て来てくれたから助かったんやで

 

松本「まぁまぁまぁねー」

 

中居「カンペとかが、もう凄く嫌で、仕切れ!みたいな」

 

浜田「出て来てくれたから」

 

中居「仕切れるわけねぇし」

 

松本「あれまとめられるの中居君しか居らへんかった

 

中居「恐くて、訳分かんないし、皆仕切れるのに、皆好き勝手やってるし、さんまさんあっち居るし、憲武さんそっち居るし、こっちギスギスしてるし。ホントに!何処見ればいいのか分かんないんですもん

 

松本「でもSMAP汚いよな!俺等がうわ~やった後、気持ちよく歌歌って、なんか(良い雰囲気になって)、汚ねぇわーSMAPって思って」

 

浜田「ホンマやなぁ」